★ 各種講演会・自由学校「講座」

 有識者、ジャーナリスト、学者、NPOなどからの講演・講座を行います。

【5月市民講演会】リベラル再起動のために
           〜 アメリカの属国を越えよう 〜

 ―5.13 白井聡(しらいさとし)さん(京都精華大学・講師)―

 5月13日の白井聡さんの講演は、安倍政権の底知れない腐敗。一方では朝鮮戦争を終わらせる南北合意の変化。歴史と現実に大胆に切り込む内容で、日本の絶望と希望の真相を語り、参加者を魅了しました。

末期症状の戦後「国体」
Photo  思想史研究者の私が現実政治と関わるきっかけは、やはり「3.11」の衝撃だった。漠然と原子力が危険だとは認識していたが、科学者や官僚のエリートを信用しちゃんと管理していると思っていた。ところがそれは幻影だった。しかも原子力分野だけではなく社会全体が空洞化している、という現実を突き付けられた。

天皇とアメリカ
 何故こんなおかしなことになっているのかを考えると、結局のところあの戦争の未処理という問題に行き着くと確信した。言い換えれば日本は悪しきものとしての天皇制を克服したのかという問題であり、そして戦後にも「国体」は生きている。
 しかしそれは戦前の国体と同じものではない。決定的違いは、戦後の「国体」とは日米安保体制を基礎とする対米従属の構造である。つまり頂点にアメリカを戴く構造である点だ。戦後アメリカは日本に対する占領支配に天皇を利用し、昭和天皇は天皇制を維持するために積極的にアメリカに協力した。

「国体」が生む思考停止
Photo  「国体」という概念は、戦前の天皇制が、日本は「万世一系」の天皇が家長を務める永遠の家族と定めたように、永続すると人々に思い込ませるものだ。そこから思考停止が始まる。戦後日本の外交はアメリカ頼みの思考停止を続けてきたが、官僚機構もメディアも同様だ。
 それは今や肥大化した感のある現役世代の政治的無関心にも現れている。目の前の生活・仕事に追いまくられてしまう現実」。きつい現実があってもなぜそうなのか考えないでまだ政府や官僚が何とかしてくれると思っている。思考停止で空っぽなのに。「国体」が社会と人間を劣化させている。

「お言葉」の意義申し立てと朝鮮戦争の終結
 戦前の天皇制が無謀な戦争で崩壊したように、戦後の「国体」も限界に直面して崩壊過程に入っている。日米安保体制の存在理由は東西対立だったが冷戦は終わった。ところが日本政府はその後も国益に反してアメリカにつき従っている。集団的自衛権の行使、異様な隷属だ。
 崩壊期に入っているということは「国体」に呪縛された歴史からの脱却する好機だ。朝鮮戦争が終わるなら米軍が日本いる根拠が一つなくなる。いずれにしろ歴史の転換の可能性を現実へと転化できる力は市民にしかない。



【8月市民講演会】これからの日本、これからの教育

【日時】
Photo  2018年 8月 5日(日)14時〜16時
【場所】
 野々市市文化会館フォルテ
【講師】
 前川喜平(まえかわきへい)さん
   元・文部科学省事務次官
【事前のお申し込み】
 不要、どなたでも御自由に参加下さい。
【参加費】
 1,000円


【10月市民講演会】米朝首脳会談と朝鮮半島情勢。そして日本の課題

【日時】
Photo  2018年10月14日(日)14時〜16時
【場所】
 金沢市:石川県教育会館第1会議室
【講師】
 平井久志(ひらいひさし)さん
   共同通信客員論説委員
【事前のお申し込み】
 不要、どなたでも御自由に参加下さい。
【参加費】
 1,000円